「ホテルレオマの森」に、ニューレオマワールドのチケット付き宿泊プランで泊まってきました。温泉やバイキングの様子をレポートします。

ニューレオマワールドのマスコットキャラ2人
香川県丸亀市にある、ホテルレオマの森に宿泊してきました。

すぐ隣にあるニューレオマワールドのフリーパスチケット付きプランで泊まってきたので、チケットの受け取り方や、ホテルの様子をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーパスの受け取り方

まず、宿泊する日にホテルレオマの森につきました。

チェックインはまだ出来なかったのですが、フリーパスチケットだけ受付で受け取ります。

ニューレオマワールドの開園時間が10時だったので10時過ぎについたのですが、常に30人くらい並んでおり、10分以上待ちました。

この日は雨で普段より人が少ないと思っていたのですが、一応春休みで土曜日だったこともあり、チケット付き宿泊プランはたくさん出たんでしょうね。

チケットを受け取ったら、バスか歩きでニューレオマワールドへと向かいます。

歩いたら5分くらいで着きますが、せっかくだから二階建てでかっこいいバスで向かってもよさそうです。

ただし、バスもけっこう並んでいたそうですが。

ホテルでのチェックイン、売店などの様子

ニューレオマワールドで遊んだあとは、ホテルに戻ってチェックインします。

チェックイン時に、朝食と夕食の希望の時間を決めて、予約をしておきます。

受付と同じ階にある売店には、まだおむつが取れていない子がプールを楽しめるよう、スイミングパンツが売っていました。

また、売店の奥のトイレにはおむつ替えシートがあり、授乳室もありました。

部屋に行くには階段とエレベーターがありますが、エレベーターはAとBがあり、ちょっとややこしいです。

降りる時には階段を使った方が早いかもしれません。

ずっとエレベーターを待っていたのですが、いっぱいだったのか何度もスルーされました。

ちなみに階段を使うと、レオマのマスコットキャラクターが労わってくれます。
ホテルレオマの森の階段途中にあるマスコットの絵
3階のゲームコーナーには、UFOキャッチャーや卓球台の他に、小さな子供が遊べるスペースがありました。
ホテルレオマの森の3階にあるキッズスペース

温泉はどんな感じ?

温泉に行く時は、タオルは部屋にあるものを持って行きます。

また、着替えは4階の温泉に向かうロビーに、浴衣があります。
ホテルレオマの森のロビーにある選べる浴衣
サイズは子供用3種類、女性用3種類、男性用3種類があるので、自分で必要なサイズの浴衣を選んで持って行って下さい。

一緒に行った5歳の娘は「子供用100サイズ」を選んで持って行きました。
ホテルレオマの森の浴衣を着た5歳児
温泉の入り口まで来ると、スズメやサバなどと書いた洗濯ばさみの入ったカゴがあります。

自分で履いてきたスリッパをその洗濯ばさみで挟んで、靴箱に入れましょう。

どれが自分のスリッパか分からなくなっても、洗濯ばさみを覚えておけば大丈夫です。

温泉は、全部で6つくらいありました。

効能はもちろん、湯ごとに温度が書いてあったのが親切でした。

私は42℃のお湯に浸かったのですが、一緒に連れて行った子供は38℃のお湯の方がちょうどいいと言って浸かっていました。

お湯の温度を書いてあると、子連れには助かりますね。

ひとつ、期間限定の変わり湯があったのですが、私が行ったときはイングリッシュローズの湯で、赤っぽくて綺麗でした。

他にもジャスミンやオーガニックフラワー、グレープフルーツレモングラスなど、約一か月ごとに変えているようです。

温泉から出たら、ビン入りの牛乳やジュース、アイスなどの自動販売機がずらっと並んでおり、ついつい手を伸ばしてしまいます。

靴箱の近くにも無料で飲めるお水があるんですけどね。

靴箱の横には畳の休憩スペースがあり、ちょっと懐かしいマンガが棚にたくさん入っていて、読み放題でした。

ちなみに、ここは金土日と長期休みの間は、温水プールもやっています。

温水プールで遊ぶのも楽しそうでいいですね。

食事は?

上から見たホテルレオマの森のバイキング会場
食事は最初に受付で予約した時間帯に会場に向かいます。

基本的にはバイキングなので、好きなものを持ってきて食べます。

バイキング会場の入り口と、各テーブルにどこに何があるか書かれている地図があるので、ウロウロ探さなくても大丈夫です。

また、浴衣の袖を留める用の輪ゴムも置いてあったので、浴衣の人は使った方がいいと思います。

一緒に来た人は浴衣の袖を汚してしまっていました。
ホテルレオマの森のバイキングの地図
オムレツなど、その場で作ってくれるものは並んで待って、出来立てを受け取ることが出来ます。

また、レトルトの離乳食が10種類以上あるので、バイキング入り口にある欲しい離乳食の番号をスタッフに伝えれば受け取ることが出来ます。

中華、洋食、和食、ステーキやミニラーメン、うどん、カレーなど、大人も子供も食べられるものがいっぱいありました。

ミニケーキやガトーショコラ、アイスなどのスイーツもたくさんありました。

夕食も朝食も、種類が多くて美味しかったです。

時間は予約していくのですが、私たちが行った朝の7:30はすんなり入れましたが、朝の8:30は混んでいて列になっていました。

予約する時には、受付ですいている時間帯を聞いておくといいかもしれません。

お得に予約するなら

ホテルレオマの森にお得に泊まりたいなら、「じゃらん」がおすすめです。

トップページの「宿名・キーワードから探す」のところに「ホテルレオマの森」と入れると、「大江戸温泉物語 ホテルレオマの森」の宿泊プランが出てきます。
じゃらんトップページの「宿名、キーワードから探す」の場所を示している画像
チケット無しプランやフリーパス付プランなど、色々出てきます。

チケット無しなら、フリーパスじゃなくて入園チケットだけ当日買えますし、雨だったら行かない選択も出来るので、柔軟に対応できますね。

期間によってはじゃらん限定のお得なプランがありますので、是非活用してみてくださいね。

>>>じゃらんnet

まとめ

ニューレオマワールドもすぐ隣だし、バイキングも美味しいし、温泉もたくさんあるし、さすが有名どころのホテルだなと思いました。

温泉の靴箱の洗濯ばさみや、バイキング入り口の浴衣袖留め用輪ゴムなど、全体的に親切な印象が強かったです。

残念ながら雨だったので、フリーパス付宿泊プランにしたのにあまりフリーパスは活用できなかったけど、全体的にはとっても楽しくていい旅行になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする