ヒョウ猫の森倉敷の口コミ!子供と猫カフェを楽しんできました♪

いつも猫カフェに行きたいなーっと思ってるんですけど、子供も一緒に入れる猫カフェってなかなかないんですよね。

今回旅行に行ったのですが、なんと偶然にも子供も一緒に入れる猫カフェがありました!

調べてみると、全国に7店舗構えている猫カフェみたいです。

今回は、岡山県倉敷市にある猫カフェ「KURASHIKIヒョウ猫の森」に、5歳の娘と一緒に行ってきたレポートをお届けします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒョウ猫の森倉敷は、美観地区の入り口近く

倉敷の猫屋敷外観
お店は、倉敷駅から徒歩15分、観光地として有名な美観地区の入り口近くにあります。

猫カフェ自体は、猫グッズを取り扱っている「倉敷の猫屋敷」の2階にあります。

猫屋敷というお店自体、猫グッズがた~っぷりと販売されていて、猫好きにはたまらないお店でした。
KURASHIKIヒョウ猫の森の看板
お店の外には、猫カフェの看板があります。

店の奥に入っていくと、靴箱があるので、靴を脱いでスリッパに履き替えてから階段を上がっていくと、猫カフェに辿り着きます。

ちゃんと子供用のスリッパも用意されていました。

ヒョウ柄(ベンガルネコ)がいっぱい

KURASHIKIヒョウ猫の森の森のような内部
中は森のようになっています。

ここはベンガルキャット専門の猫カフェなので、ヒョウ柄の猫ちゃんしかいません。

まさに「ヒョウ猫の森」です。
ヒョウ猫の森の猫ちゃん
猫ちゃんたちは、椅子や机にいたり、お水を飲んだり、高い枝の所を歩いていたりと、思い思いに過ごしていました。
机の上から動かない猫ちゃん
撫でる場所が悪いのか、触り方が下手なのか、ちょっと怒っちゃう猫ちゃんもいました。

でも基本的には触っても大丈夫です。

撫でてみると、毛並みがサラサラですっごく気持ちいいです。

指を舐めてくれる子もいました。

猫のザラザラ舌っていいですよね。

うちの5歳の娘もちゃんと優しく猫ちゃんをなでなでできました。
猫をなでなでする5歳児
ちなみに、猫用のおもちゃを受付で無料で借りることが出来ます。

もしよかったら借りてみて下さいね。

ヒョウ猫の森 ドリンクについて

倉敷ヒョウ猫の森のドリンクマシン
カフェと言ったらドリンクですよね。

ここでは、ドリンクマシンが設置されていました。

カフェオレやミルクティ、抹茶ラテやプレミアムココアなど、オール200円で売られていました。

買っても買わなくても自由なので、私は買いませんでした。

ちゃんと蓋をつけないと、猫ちゃんが倒してこぼしてしまう事があるようです。

ちなみに、別の店舗のヒョウ猫の森では、ワンドリンク付きのところもあるようです。

ヒョウ猫の森 倉敷 注意事項

・抱っこはダメ。
・走ったり追いかけまわしちゃダメ。
・裸足はダメ(靴下かスリッパ)
・フラッシュ撮影はダメ。

猫ちゃんが可愛いからつい写真を撮りたくなっちゃいますよね。
そういう時は、フラッシュ撮影になっていないか、気をつけてから撮って下さいね。

ヒョウ猫の森 倉敷 営業時間と入場料

営業時間 9:30 ~ 17:30

大人:780円(中学生以上)
小人:580円(4歳~小学生)
(ワンドリンク付き)
3歳以下無料(要保護者同伴)

私が行った時はドリンクは自由でしたが、公式サイトを見たらワンドリンク制になってました。

基本的には30分制ですが、平日の混雑してない時間帯はフリータイムになります。

混雑してきたら、30分制になります。

このすぐ近くにもう一軒猫カフェがあるんですが、こちらは小学5年生から入店可能で、小さな子どもは入店できません。

こっちのヒョウ猫の森は、年齢制限がないので、すっごく助かります。

ただし、大きな声を出してしまう子や、猫を追いかけまわしたり、走り回ったりしてしまう子は入店できないので、注意事項をよく確認して下さいね。

ちなみに今回、5歳の娘はおとなしいので大丈夫でしたが、下の3歳の娘は普段から大きい声を出すわ走り回るわなので、とてもじゃないけど一緒に連れて行けませんでした(笑)

ヒョウ猫の森 店舗は?

2017年9月現在、「ヒョウ猫の森」は、全国に7店舗ほどあります。

わざわざ岡山県まで来なくでも大丈夫!

岡山県倉敷市以外には、

東京都渋谷区(原宿乃ヒョウ猫の森)
広島県廿日市(嚴島ひょう猫の森)
京都府京都市(京都ひょう猫の森)
京都府京都市(嵐山ひょう猫の森)
大分県由布市(Gallery Alice’s Tearoom チェシャ猫の森)
大分県由布市(ノルウェイの森)

にあります。

ちょっと偏ってますね…

あと、店舗によってもちょっとコンセプトが違うようです。

旅行のついでにいくのにいいかもしれませんね。

さいごに

ひさびさに猫が撫でられて幸せでした。

道端で猫見かけても、逃げられますからね。

子供が大きくなるまでは無理か…と思ったけど、子供も一緒に入れる猫カフェがあると本当にありがたい。

しかも、店内の森のような雰囲気がなんとも素敵でたまりませんでした。

そういえば、フクロウの森というのもあって、共通券も売ってました。
時間があったら、そっちも行きたかったな。

さらには、豆柴の森というのも!

またそのうち猫カフェ行きたいです。

ヒョウ猫の森 フクロウの森 豆柴の森 公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする