「しらこばと水上公園」の隣にある「コバトンの森」は広くて年齢別遊具もあってたっぷり遊べる所でした。

埼玉県越谷市のしらこばと水上公園といえば、昔から埼玉県民に親しまれている公園です。

夏はプールをやっているのでとっても賑わいます。

しかし、今回行ったのは、水上公園の南側にある「コバトンの森」です。

春先の休日に行ったため、かなり混んでいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コバトンの森とは

しらこばと水上公園の南側にある公園です。

広い芝生広場、3~6歳までの子が遊べる広場、6~12歳までの子が遊べる広場、ジョギングコース、多目的グラウンド(予約制、有料)といろいろな事が出来るように整備されています。

まだ出来て新しい為、遊具も綺麗で、トイレもしっかりしています。

休日にはケータリングカーもやってきます。

にぎわいの水辺(対象年齢3~6才)

コバトンの森のにぎわいの水辺(対象年齢3~6才)にある遊具
芝生広場から向かって手前に、3~6歳まで対象の広場があります。

遊具はカラフルで、滑り台もたくさんついています。
コバトンの森のにぎわいの水辺(対象年齢3~6才)にあるゆらゆらコバトンに乗る2歳児

ゆらゆらコバトンに乗って楽しく遊んでいます。
コバトンの森にあるかめのこドーム
かめのこドームの中には、小さな白いお山があり、みんなそれに登って遊んでいました。

コバトンの森のかめのこドームの隣にある砂場
かめのこドームの隣には、砂場がありました。

砂場で遊ぶ場合は、おもちゃを持ってきた方がいいと思います。

他の子のおもちゃと混ざってしまうので、名前を記入するのを忘れないで下さいね。

私たちが行った時は、ゆらゆらシップは調整中でした。
コバトンの森にあるゆらゆらシップ
6月に行ったら直っていました。
コバトンの森のゆらゆらシップ
中に入って座ることが出来ます。

大人が乗って体全体を使って揺らすと、ゆらゆら揺れます。
コバトンの森のゆらゆらシップの中に座っている2歳児

コバトンの森(対象年齢6~12才)

コバトンの森の遊具
幼児対象エリアより奥に行くと、小学生向けエリアになります。

こちらはアスレチック要素が高く、身体全体を使って遊ぶ遊具になっています。
コバトンの森にあるコバトンハウス
高いところから滑る長い滑り台は人気で、常に10人くらいの子供が並んでいました。
コバトンの森にある長い滑り台
私も子供と滑りましたが、上から見るとけっこう高いです。
コバトンの森にある長い滑り台を上から見たところ
また、遊具自体が長くて大きいので、小さな滑り台などの20種類くらいの遊具がくっついていました。
コバトンの森の小学生向け大型遊具

持ってきた方がいいもの

コバトンの森の周りの様子
・レジャーシート
・帽子
・ポップアップテント
・昼食(お弁当)

遊具の周りにレジャーシートを敷いたり、ポップアップテントを張ったりしている人達が大勢いました。

もう最近では4月末くらいから、天気がいい日は日差しがジリジリしてすごく暑いです。

テントや帽子などの日焼け対策は忘れずにしていった方がいいでしょう。

また、飲み物は自販機がありますが、ケータリングカーは毎回来るかどうか分からないので、おにぎりなどの昼食を持って行った方がより楽しめると思います。

ワンタッチテント ポップアップテント 200cm

価格:4,968円
(2017/5/18 12:16時点)

まとめ

名称についてですが、現地の看板には「コバトンのフォレストアドベンチャー」と書いてあったり、水上公園の公式サイトには「コバトンの森エリア」と書いてあったり、どれが正式な場所の名前なのかはっきりしませんでした。

ちなみに、水上公園のプールの時期には、芝生広場は臨時駐車場になるそうです。

広くてきれいな遊具のある公園なので、休日はかなり混み合いますが、また行きたいと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする