埼玉県行田市民プールレポ。場所や料金、利用方法まとめ。


埼玉県行田市の市民プールが今年もオープンしたという事で、小学一年生の娘を連れて行ってきました。

場所や料金などの情報についてまとめてみますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めて行田市民プールに行ってきました

いつも市役所近くを通るたび、プールがあるなぁ…と思ってたんですが、夏休みに屋外プールがオープンしたと聞いて行ってきました。

駐車場には、プールオープンと書かれた水色ののぼりがたくさん立っていました。

入り口の券売機でチケットを買って、職員の方に渡したら、色々と説明を受けました。

ロッカーとか、両替機とか。
後半でまとめますね。

ちなみに、自販機は入り口にしかありません。

中に入ったら、子供だけ身長確認されました。

各プールに一人で入るには、それぞれに対応した身長じゃなくちゃいけないようです。
青・赤・黄色のカラーゴムを腕に付けられるんですが、うちの子は一番低い青のカラーゴムを渡されました。

屋内プールはスイムキャップ必須だし、子供はアームヘルパーつけなきゃだし、
全部貸出してるけど借りるの面倒なので、ずっと幼児プールで浮き輪で遊んでました。

夏休みとはいえ月曜だったからか、お客さんは10人以下、幼児プールは1組しかお客さんがいませんでした。

職員の方が多かったような。

幼児プールはタコとかカニのイラストが描かれた可愛いプールでした。

スマホやカメラなどの使用を禁止されていたので、写真は一切ないんですが。

水深は40cmとかかなり低めなので、大人はしゃがまないと水に浸かれませんでした。

毎時50分~00分は休憩時間なので、プールからは上がらなきゃいけません。
このへんは市民プールっぽいですね。

食べ物は特に何も書いてなかったですが、家で作ったおにぎりを外のテーブルで食べてても何も言われなかったので、持ち込みは大丈夫だと思います。

真面目に泳ぐ男性数名と、小学生同士で遊びに来てる子が多かった印象でした。

もしかしたら土日はまた違うのかも?

持ってきた昼食を食べる時間も含めて、滞在はだいたい1時間半くらいでした。

子供の腕につけてた青いカラーゴムをうっかり返し忘れそうになっちゃいました。
借りたところで返してくださいね。

次からは、改めて情報をまとめますね。

行田市民プールの場所は?

市民プールは、行田市役所の隣にあります。
秩父鉄道行田市駅からは徒歩10分の場所になります。

行田市民プール 料金は?

料金は以下の通りになっています。

●高校生以上:市内150円・市外220円
●3歳以上中学生以下:市内70円・市外100円
●3歳未満:無料

●高校生以上の障がい者:市内70円・市外110円
●3歳以上中学生以下の障がい者:市内30円・市外70円

ロッカーの使用料が50円かかります。
更衣室の外に、100円玉を50円玉にしてくれる両替機があります。

※市内とは、行田市・羽生市、加須市の3つの市が対象になります。

行田市民プール 夏期はいつからいつまで?時間は?

学校が夏休みになって、屋外プールがオープンしました。

期間は、7月21日(土)~9月1日(土)の43日間です。

夏休みは9月2日(日)までありますが、プールは1日までなんですね。

営業時間は、

10:00~17:00
18:30~20:30

です。

行田市民プールの概要

屋内プールと屋外プールがあります。

屋内プールは25M×5コースで、水深は1メートル~1.2メートルです。

屋内プールはスイムキャップをかぶる必要があるのですが、忘れても貸し出ししてもらえます。

屋外プールは25M×7コースで、水深は約1.2メートルです。

屋外幼児用プールは水深25~55㎝と、かなり低いです。

プールの使い方

ロッカーで着替えたら、シャワーを頭から浴びてから向かいます。

子供は入場してすぐに身長を計って、身長に合うカラーゴムを腕に付けます。

身長ごとに入ってもいいプールがあるので、至る所にある対応表を見ましょう。

ちなみに、身長がプールに対応していなくても、アームヘルパー(腕に付ける空気の浮き輪)をつけて、保護者が同伴すれば大体は入れます。

行田市民プールは浮き輪は持っていってもいいの?禁止事項は?

ここでは、幼児プールのみ浮き輪が使用できます。

ビーチボールやボートなどは、全面的に持ち込み禁止です。

他にも禁止事項がたくさんあったのでまとめておきます。

・日傘は、混雑・強風・歩行時は使用禁止。
・カメラ、携帯電話。ビデオ等の使用禁止。
・幼児用オムツを付けた赤ちゃんはプール使用禁止。
・時計やピアスやネックレスなど着用禁止。
・サンオイル使用禁止。
・潜水器具の使用禁止。
・アルコールやガラス瓶の持ち込み禁止。
・子供は保護者1人につき2名までok。
・ヘアピン、バレッタ禁止。
・メガネの人はメガネバンドを使う事(貸出アリ)

さいごに

ザ・市民プール!って感じのところでした。

安いプールに行きたい!
プールならなんでもいい!
という方にオススメです。

レジャー感はそんなにないかな。

小学生や中学生の友達同士で来るタイプのところです。

でも大人もしっかり泳いでたし、幼児用プールも広いから、それなりには楽しめるかと。
小さい子連れのママ友会とかしてもいいかもしれませんね。

個人的に気になったのが、市民プールといいつつ、加須・羽生の市も市内扱いになっているところですね。
てっきり、隣の市である熊谷かと思ってたんですが、そっちかーっていう。

気になったら行ってみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする