内牧公園は自然いっぱいの中でアスレチックを楽しめる、夏は木陰が涼しい公園でした。

埼玉県春日部市にある内牧公園に行ってきました。

内牧公園と言えばアスレチックなので、2歳と5歳の娘にはまだ早いかなと思ったんですが、けっこう遊べました。

どこでどんな風に遊んだのかや、遊具やアスレチックに関して、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遊具について

入り口入って左に行くと、広場があります。

入り口に手書きの大雑把な地図があったのですが、それから察するにたぶんピクニック広場だと思います。
内牧公園のピクニック広場
大きな木があり、ちょうど木陰になっていて涼しかったです。

木陰の部分にテントやレジャーシートを敷いている人が何人かいました。
内牧公園のピクニック広場の遊具
小さい子が遊べるようなカラフルな遊具は2つほどありました。
内牧公園のピクニック広場の遊具とかき氷の車
暑い日だったので、かき氷売りの車も来ていました。

ちょうど木陰になるところにベンチがあったので、そこでいただきました。

ベンチもそこそこあるのは嬉しいですね。

わざわざレジャーシート敷かなくて済むので。
内牧公園のピクニック広場の奥にあるアスレチック遊具
ピクニック広場とアスレチック広場を繋ぐ場所に、アスレチック遊具があります。

ちょっと角度が急なので小さい子には厳しいですが、ここを上ればアスレチック広場はすぐです。

ちなみに、アスレチック広場に行かずに滑り台で戻っても来れます。

上から見るとこんな感じです。
内牧公園のピクニック広場にあるローラー滑り台を上からみたところ
ちょっと高くて怖いですが、全然滑らないのでスピードは出ません。

自分のスピードで降りることが出来ます。

アスレチック広場

内牧公園のアスレチック
ピクニック広場にあるアスレチックを上るか、広場の横にある階段を上ってきたら、林の中にあるアスレチック広場が現れます。

暑い夏でも、木陰に囲まれているので涼しく過ごせます。

帽子もいらなかったので、頭が蒸れずに済みました。
内牧公園のアスレチック遊具
内牧公園のアスレチック遊具
まだ5歳の長女には難しいものもあったけど、ロープウェイや丸太渡りなどは遊べました。

特にロープウェイは最近のお気に入りなので、繰り返し何度も何度も飛び乗って遊んでいました。
内牧公園のロールウェイ
内牧公園のアスレチック遊具
2歳の次女はさすがにアスレチックでは遊べなかったのですが、端の方にブランコがあったのでそこで遊びました。
内牧公園のブランコ
アスレチック遊具は、10以上の種類がありました。

トイレや自販機について

トイレは入り口近くにあるものを使ったのですが、普通に綺麗でした。

和式が4つ、洋式が一つだけありました。

おむつ替え用のベビーベッドもありますが、使用済みオムツを捨てる所はないので持ち帰りです。

トイレの前には自販機がいくつかあり、ほとんどがドリンクの自販機ですが、アイスの自販機もありました。

私たちが行ったときは暑かったので、かき氷屋さんのかき氷にするか自販機のアイスにするか、迷ってしまいましたね。

まとめ

夏と言えば日差しが暑すぎるので、公園でなんか遊べないと思っていたのですが、ここのアスレチック広場なら林の中なので常に涼しいです。

適度な涼しさで、まさに夏に遊ぶのにぴったりなんじゃないかなと思います。

ただし、アスレチック広場の方はちょっと対象年齢が上がりますね。

幼稚園以下の小さい子は、ピクニック広場で遊ぶのがぴったりです。

身体を思い切り動かして、色々な遊具で遊びたいならちょうどいい公園だと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする