「さいたま水族館」は鯉のエサやりやカメ・ザリガニとふれあいの出来る、小さい子にぴったりの水族館でした。

さいたま水族館の入り口
埼玉県羽生市にある「さいたま水族館」に5歳と2歳の娘を連れて行ってきました。

そんなに広くないし入場料も安いので、公園で遊んだついでに気軽に寄れる水族館でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニシキゴイ池・チョウザメ池

入場すると、外の池で飼育されている鯉へエサやりしている人たちに目が行きます。

エサの入ったガチャガチャがひとつ100円で売っているので、買ったら池の鯉にあげてみましょう。
さいたま水族館のニシキゴイ池
入り口すく入ってからでもいいですし、少し先に行った橋の上からあげてもいいです。

大きな池なので、どこからでもあげられます。

場所によっては、かなりの至近距離でエサをあげることができます。

ちょっと進むと、チョウザメ池もあります。
さいたま水族館のチョウザメ池
大きなチョウザメを、上から見たり、横から見たりすることができます。

横から見たい場合は、階段を下りて下さいね。
さいたま水族館のチョウザメ池の横の階段
あと、私は気づかなかったんですけど、水族館本館の後ろに、テラピア池なんてのもあるようです。

よかったら行って見て下さいね。

本館

さいたま水族館本館の入り口
本館の入り口は池と反対側にあります。

中に入ってすぐ右に、キッズルームがあります。

キッズルームには、小さなプレイルームと授乳室、おむつ交換所があります。

小さい子連れには助かりますね。
さいたま水族館の本館の中
中は綺麗で涼しいです。

まず最初に上流にいる魚(イワナなど)、次に中流にいる魚(ウグイなど)、そして下流にいる魚(アオウオなど)と、順に展示されています。
さいたま水族館の館内
続いて外来種、カメやザリガニのふれあいコーナーが出てきます。

カメやザリガニは撫でたり触ったりすることが出来ます。

カメはクサガメがイシガメが水の中を泳いでいるので、近くに来たら優しく触れてあげてください。
さいたま水族館のカメ、ザリガニふれあいコーナー
すぐ横に手洗い場があるので、触ったらよく手を洗ってくださいね。

最後に色々な種類の金魚がいる展示室を通ると終わりです。

ここでは、まるで水槽の中に入ったような面白い形の水槽や、写真スポットがあるので、よかったら撮ってみて下さいね。
さいたま水族館のおもしろ水槽

この中はあまり広くないので、じっくり見ても30分かからないと思います。

特別展示

さいたま水族館の特別展
私が行った時は特別展をやっていました。

建物は本館から離れて、ニシキゴイ池とテラピア池を繋いでいる小川を通り過ぎたところにあります。

中にはウーパールーパーやタランチュラ、ヘビなどの色々な生き物がいました。

小さくてこじんまりとした建物ですが、タランチュラの上の飾りは蜘蛛だったりと、凝ってて可愛い感じでした。

その他のみどころ

土日祝開催のイベントで、カメやウナギのふれあい体験があります。

また、本館と池の間では、フィッシュセラピーがあったりします。

最後にぜひ寄って欲しいのは、お土産屋さんの「さい水ショップ」です。

オリジナルTシャツやオリジナルのお菓子のお土産があります。

ちなみに、水族館を出て右には軽食売店もあります。

営業時間と入場料は?

<営業時間>
9:30~17:00
12~2月は、16:30まで

入館は終了時間の30分前までです。

<入場料>
大人(高校生以上)310円
小人(小中学生)100円
小学生以下は無料です。

●特別展開催中の場合、
大人(高校生以上)410円
小人(小中学生)100円

●年間パスポート(購入月から一年間有効)
シニア(65歳以上)820円
大人(高校生以上)1030円
小人(小中学生)310円

●団体(有料の方が20名以上)
大人(高校生以上)250円
小人(小中学生)80円

●特別展開催中の場合の団体
大人(高校生以上)330円
小人(小中学生)80円

<休館日>
4月~11月・3月 毎月第1月曜日
※4月・5月は、第2月曜日
※ただし、月曜日が祝日に当たる場合は翌週に振替
※8月は無休

12月~2月 毎週月、火曜日
※ただし、月曜日または火曜日が祝日の場合は開館し、振替なし。
12月29日~1月1日
※1月の第1火曜日は開館。

まとめ

水族館だけを見ても1時間かかるかかからないかくらいですが、ひろーい水郷公園の中にある施設なので、ちょうどいいと思います。

大型遊具で遊んだり、サイクリングしたり、芝生でのんびりしたりするついでに、水族館にも寄ったら、とっても濃い一日になりますね。

未就学児が無料っていうのも嬉しいです。

普通の大きな水族館とは違って、イルカショーとかアシカショーとかは無いし、マンボウとか大きな魚はいないけど、おさかなに興味を持ち始めた小さな子にぴったりの水族館だと思いました。

羽生水郷公園は高くてダイナミックな遊具や幼児向けの遊具があって、子供が大満足の公園でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする