ニューレオマワールド「プリキュアアラモード・キラキラいっぱいパティスリー」に行ってきました!

キラキラプリキュアアラモードのパネルと5歳児
香川県丸亀市にあるニューレオマワールド内の特設会場で行われている、「キラキラプリキュアアラモード・キラキラいっぱいパティスリー」に行ってきました。

行われていることは知らず、ニューレオマワールドに着いたらやっていたので、5歳の娘はとても喜んでいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

場所や入館料、開催期間は?

キラキラいっぱいパティスリーの外側の様子
ホテルレオマの森の方の入り口から入ったので、特設会場で行われていた「キラキラいっぱいパティスリー」は一番奥にありました。

とはいっても、そこまで広いわけではないので、徒歩で5分くらいで着きましたが。

フリーパスを持っていたのですが、適用外でした。

2歳以上は600円かかるので、入り口前にある券売機でチケットを人数分購入します。

私は5歳と2歳を連れて入ったので、子ども600円×2人分と大人1人600円で、計1800円かかりました。
キラキラいっぱいパティスリーのチケット
フリーパスを使えないのは痛いですね。

しかし、セブンチケット、ローソンチケット、JTBで、キラキラいっぱいパティスリーの入館付き入園券やフリーパスがちょっと安く購入できるようです。

うちはホテルに泊まるので、フリーパス付宿泊プランで入ったため、事前に分かっても買えませんでしたが。

よかったら公式サイトをチェックしてみて下さい。

NEWレオマワールド キラキラ☆プリキュアアラモード キラキラいっぱいパティスリー告知ページ

開催期間は2017年3月17日(金)~7月17日(月)まで。

営業時間は10:00~17:00(最終受付時間16:30)です。

夏休み前には終わってしまうイベントなんですね。

GWとか混みそうです。

アトラクション

屋内型施設なので、雨でも安心です。

というか、ちょうど雨が降ってたのですが。

アトラクションは

・プリキュアの誕生を振り返る「キラキラストーリー」
・歌が歌える「レッツ・ラ・カラオケ」
・画面に映って踊っちゃう「レッツ・ラ・ダンシング」
・フォトスポット「キラキラパティスリー」
・プリキュア衣装に着替えて写真を撮れる「なりきり写真館」

です。

「キラキラストーリー」は、ミッションをこなすと壁にあるアニマルスイーツがキラキラ光って、プリキュアの声が聞こえてきます。

これがプリキュア5人分、5つあります。

5歳の娘は楽しんでやっていましたが、2歳の娘の方はまだよくわかっていないようでした。
キラキラストーリーのミッションに挑む5歳児
カラオケやダンシングは一つの広い部屋にありました。

雨の日だったこともあり、混んでなかったので、並んだりしないですぐに遊ぶことが出来ました。

カラオケはひたすらOPとEDが流れているので、好きな時にマイクの前に立って歌います。
キラキラいっぱいパティスリー内のカラオケ
ダンシングの方は、画面に自分の姿が映るので、プリキュアのダンスを見ながら一緒に踊ることが出来ました。

ダンシングの隣に、よく分からないけどおままごとの出来る遊具がありました。

2歳の娘はしばらくここで楽しく遊んでいました。
キラキラいっぱいパティスリーのダンシングの隣にあるままごと遊具

プリキュアショップとなりきり写真館

キラキラいっぱいパティスリー内のプリキュアショップ入り口
ダンシングやカラオケのある部屋を抜たら、通路を通ってプリキュアショップに行きます。

ここでは、会場限定商品やたくさんのプリキュアグッズが売っていました。

プリキュアのイラストが印刷されたチョコマシュマロやハート缶バッジなど、ついつい欲しくなってしまうものばかりです。

ガチャガチャもあったので、2歳次女にはガチャガチャを、5歳長女にはプリキュア手帳を買ってあげました。

ショップの中には「なりきり写真館」がありました。

こちらは有料で、キーホルダーと写真2Lサイズともに1000円かかります。

着れる衣装はサイズ110のみで、デザインはホイップ、カスタード、ジェラート、マカロンの4種ありました。

ショコラはちょっと難しいんでしょうかね。

あとは、出口を出て終わりになります。

まとめ

屋内型施設なので、雨だったこともありちょうどよかったです。

開催日には当たらなかったのですが、プリキュアふれあいステージなんてイベントもやっているみたいです。

残りのふれあいステージの日程は4/29~5/7、7/15~7/17なので、ちょうどこの日に行ければステージも楽しめますね。

たっぷりプリキュアが楽しめたので、行けてよかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする