「サイボクハム」に遊びに行ってきました。アスレチックで遊んだり、本物の豚を見たりして楽しめました。

サイボクハムのミートショップ
先日、2歳と5歳の子供を連れて、埼玉県日高市にある「サイボクハム」に遊びに行ってきました。

ここはお買い物がメインと思われがちですが、子供が楽しめるところもしっかりあります。

どこがどう子供たちにとって楽しかったのか、レポートしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなところ?

ここは、ざっくり分かりやすく言うと、豚肉をたくさん売っている所です。

牧場産直のモツやモモ、ハムやウインナー、コロッケなど、ミートショップにはお肉がたくさん売られています。

レストランやキッチン&カフェテリアもあり、焼き肉を楽しんだり、ホットドッグを食べることができます。

多くの人はここの美味しい豚肉を求めて訪れます。

また、それだけではなく、パークゴルフや温泉施設もあります。

美味しいものも食べられるし、子供も遊べるし、お買い物もできる嬉しい施設です。

ミニアスレチック

サイボクハムのアスレチック全体図
狭山方面の駐車場に車を停めてまっすぐ行くと、木製のミニアスレチックがあります。

お買い物に飽きた子供にはぴったりのスペースです。
サイボクハムのアスレチックを頑張っている5歳児
上に登るための階段はいくつかありますが、5歳の長女はロープを選んでいました。

ただし、まだ難しかったのか、ほとんど進まないうちにやめてしまいました。

2歳の次女は親と手を繋いで、一緒に階段を登って滑り台をして遊びました。
サイボクハムのミニアスレチックにある滑り台
滑り台はまっすぐではなく、少しデコボコになっています。

そんなに高くないので、抱き上げてから滑り台の上の方に降ろして、そのまま滑らせて遊んだりもしました。

木製ミニアスレチックはとても大きいので、一度にたくさんの子供が遊べると思います。

トントンハウス

サイボクハムのトントンハウスにいる子ブタちゃんたち
ミニアスレチックのすぐ隣には、子ブタちゃんが3匹にいる「トントンハウス」があります。

白、黒、茶色の子ブタちゃんは、それぞれしろちゃん、くろちゃん、ちゃめちゃんという名前です。

そのまんまですね。
サイボクハムのトントンハウスの看板
もうかなり育っていたので、子ブタちゃんとは言いずらかったですが可愛かったです。

かなりの近距離で見ることが出来ました。

ただ、あまりに近すぎるのか、2歳の次女は怖がってあまり近くに行きませんでした。

エサを食べたり、お昼寝したり、ブーブー鳴いたり、自由に過ごす豚の様子を間近で見ることが出来ました。

フードコート

サイボクハムのキッチンとカフェテリア前
おやつを食べて一休みできるところです。

サイボク特製のお肉を使っているホットドッグやメンチカツバーガーなど、とっても美味しい軽食を堪能することが出来ます。

子供が大好きなソフトクリームやポップコーンなども売っています。

うちの2歳児は、親の食べていたモツ煮を美味しそうに食べていましたが。

外のフードコートだけではなく、ミートショップの中にもコロッケやパンを売っているので、そちらもオススメです。

授乳室も完備

サイボクハムの赤ちゃん休憩室の看板
ハム・ウインナー工場の方面に行くと、赤ちゃん休憩室(授乳室)があります。

利用時間は9:00~17:00。

授乳席が1席、オムツ替えベッドが2台用意されています。

ミートショップ付近に授乳室までの道を案内する看板もありますので、分かりやすくて親切です。
サイボクハムの授乳室を案内する看板

まとめ

ここはお買い物する方がたくさん来ますが、あくまで「小さな子供を遊ばせるには」の目線でまとめてみました。

やはり小さい子供を持つ親にとっては、買い物も楽しみたいけど、子供たちを退屈させるわけにはいかないですよね。

ここは小さい子供が遊んだり楽しんだりできるミニアスレチックや子ブタちゃんたちがいるし、授乳室もあるので、安心して過ごせる施設だと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする