ハワイアンズのホテル「クレスト館」に小さい子供連れで宿泊してきました!詳細レポします!

ハワイアンズの公式ホテル、クレスト館
2歳児と5歳児を連れて、2月に家族でハワイアンズのホテル、クレスト館に宿泊してきました。

その時に泊まった時の事を詳細レポします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレスト館とは

スパリゾートハワイアンズの敷地内にあるホテルのひとつです。

ハワイアンズのホテルは他にもありますが、クレスト館だけちょっと離れています。

離れているといっても徒歩5分もかからずにハワイアンズに行けますが、途中に階段もあるので、冬や天気の悪い時などはちょっと大変です。

また、和室しかありません。

館内には食事処や売店はありませんが、入り口入ってすぐ横にドリンクの自販機とカップ麺の自販機があります。

選んだプランは

朝食のみがついたプランです。

ハワイアンズの入場チケットは、宿泊当日と翌日の2日分ついています。

夕食は各々自由にとる形なので、ハワイアンズ内で遊ぶ間に食べました。

チェックインは13時から、チェックアウトは10時です。

駐車場について

クレスト館はこちら、といった看板がありますので、それに沿って行きます。

クレスト館前の駐車場は日帰り用の駐車場と一緒になっているのですが、宿泊客は緑のコーンがあるところに停められました。

ホテルの入り口の目の前にいくつか確保されているので、コーンをどけて駐車します。

送迎について

フロントに言えば、いつでもクレスト館からハワイアンズまで送迎してくれるようです。

普通の乗用車サイズですが、家族4人が乗るには十分でした。

徒歩で行けば5分かかりますが、車だと1~2分で着きます。

また、冬で寒かったのですが、送迎してもらったら上着はいらないと思いました。

とはいえアロハ丸出しでうろうろするのもちょっと恥ずかしかったので、上着は着て行きましたけどね。

遊び終わってハワイアンズから戻る時や、朝夕の食事会場であるホテルハワイアンズから戻る時にも、フロントから呼べば送迎車が来てくれます。

ハワイアンズのプールで遊んで、一旦クレスト館戻ってから、夜に再びハワイアンズの温泉に向かう時にも送迎を聞かれました。

すぐそこだからと送迎を断ってしまったのですが、5歳をつれて階段を登るのは大変だったので、送迎してもらえばよかったと思いました。

小さい子連れやお年寄りは、遠慮せずにガンガン送迎してもらった方がいいと思います。

着るもの(入場チケット代わり)と、パジャマについて

部屋に入ると、男性はアロハ、女性はムームーが置いてあります。

子供用の服は、入館受付時にサイズを確認して渡してくれます。

子供服のレンタルは3歳以上となっていましたが、2歳半の娘の分も貸してくれました。

これらの服を着て行けば、入場チケットは必要ありません。
ハワイアンズの子供用の服
ただし、クレスト館からだとハワイアンズ入り口まで少し歩きますので、冬は上着を着ないと寒いです。

クレスト館からハワイアンズ入り口まで、車で送迎してもらう場合は着なくても大丈夫だと思います。

また、チェックアウト後にもアロハとムームーはそのままレンタルできます。

精算時にフロントに申し出て、返却用バッグを受け取って下さい。

使い終わったらフロントに行って、返却して下さいね。

パジャマというか寝る時に着るものについてですが、アロハとムームー以外は部屋になかったので、気にする方はジャージなどを持って行った方がいいかもしれません。

普通の旅館にあるような浴衣や寝間着はありません。

食事について

ハワイアンズの中にあるラウラウのロコモコ
我が家は朝食のみ付きのプランにし、夕食はハワイアンズ内のロコモコやピザを食べました。

ハワイアンズ内には、実に17種類ものスイーツやフードのお店があるので、目移りしてしまいます。

夜20時くらいから行うショーを見たい方は、夕食無しのプランにして、好きな時間に好きな場所で食べれるようにした方がいいのかもしれませんね。
クレスト館の朝食のお知らせの紙
朝食は、クレスト館では食べる場所がないのでホテルハワイアンズまで移動します。

私の時はホテルハワイアンズ中央館3階のザ・パシフィックでのビュッフェ形式でした。

時間は6:30~9:00と指定されていましたが、8時前後は非常に混み合うようです。

実際に8時ちょっと過ぎに行きましたが、列になっていました。

3分くらい並んだらすぐには入れましたが、タイミングによってはもっと混むのかもしれません。

買い物について

ハワイアンズでの飲食やお買い物は、部屋付け出来ます。

レジで会計する時に、部屋番号と名前を伝え、レシートに宿泊代表者のフルネームを書いて下さい。

この部屋付けのおかげで、お財布を部屋の金庫に預けたまま簡単に買い物で来ました。

プールで遊ぶときは、お財布などの貴重品は部屋やロッカーに預けておく必要があるので、とっても便利なシステムです。

ただし、ロッカーには100円~400円必要になるので、小銭を持って行く事は必要です。

部屋付けした分は、清算時にフロントで払います。

お風呂について

クレスト館に宿泊した場合は、以下の3つの選択の中から入浴することが出来ます。

1、スパリゾートハワイアンズの大浴場
2、クレスト館1階の浴場
3、部屋風呂

ハワイアンズに来たのですから、ほとんどの人が1のスパリゾートハワイアンズの大浴場を選ぶと思います。

ハワイアンズの営業時間は22:15までですので時間にはご注意を。

2のクレスト館内の浴場にある湯船は、一般家庭の湯船の2~3倍の大きさでした。

着替えを入れる棚は12、洗い場は3つ、ドライヤーは2つで、こじんまりとした浴場です。

夜に寒い中、わざわざ館外に出て移動したくない方が利用するのではないかと思われます。

時間は、14時~0時、朝6時~9時です。

3の部屋風呂は、ユニットバスなのでとても小さいです。

うちはまだおむつの外れていない2歳児がいるので利用しました。

その際、ドライヤーをフロントで借りるのを知らなかったので、館内の浴場に行ってドライヤーをしてきました。

部屋風呂で済ます際は、先にドライヤーを借りるのを忘れずに。

洗濯、乾燥について

宿泊初日にハワイアンズのプールで遊んだので、濡れたタオルや水着が大量に出ました。

でも、それらを乾かす場所が部屋の中にありませんでした。

ハンガーは8つほどあったのですが、それを掛ける場所が狭いクローゼット内しかなく…

フェイスタオルくらいは一晩で乾きましたが、バスタオルは湿ったままでした。

部屋の中で軽く水洗いして、一晩かけておけるだけでいいんですけどね。

しっかり洗濯と乾燥をすませたかったら、ハワイアンズの更衣室内の脱水機を利用するか、ホテルハワイアンズと施設を繋ぐ連絡通路にあるコインランドリーを利用した方がよさそうです。

お得に予約するなら

クレスト館にお得に泊まりたいなら、「じゃらん」がおすすめです。

トップページの「宿名・キーワードから探す」のところに「クレスト館」と入れると、クレスト館の宿泊プランが出てきます。
じゃらんトップページの「宿名、キーワードから探す」の場所を示している画像
期間によってはじゃらん限定のお得なプランがありますので、是非活用してみてくださいね。

>>>じゃらんnet

まとめ

他のホテルより少しハワイアンズから離れているクレスト館ですが、移動の際には車で送迎してもらえるし、特に不便は感じませんでした。

しかし、4階まであるのにエレベーター等はなく階段のみだったり、売店や食事会場がなかったりと、少しの移動でも面倒だと感じる人には不向きかもしれません。

また、ホテルハワイアンズやモノリスタワーなど、ハワイアンズにより近いホテルに泊まってしまったら、不便を感じてしまうかもしれませんね。

でも、宿泊料金はその分他より安いので、宿代を他に当てて思いっきりハワイアンズを楽しみたい方にはおすすめのホテルでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする