2歳と5歳の子供を連れて、ハワイアンズのウォーターパークで遊んできました!初心者ですがレポします!

夜のハワイアンズの入り口
まだおむつの外れていない二歳児と、元気な五歳児を連れて、スパリゾートハワイアンズのウォーターパークで遊んできました。

どこでどんな風に遊んだか、何を食べたか、ショーはどうだったかをまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供が遊べるプールは

まだおむつ外れが出来ていない子供が入れるのは、「天使の水場」のみです。

「天使の水場」とは、小さなお子様専用のプール「ワイワイオハナ」の隣にあり、ウォーターパーク全体からすると一番端っこにあります。

とっても浅くて、浮き輪で浮くのも難しいくらいですが、安心して遊ばせられます。

水温も他のプールより温かいです。

すぐ隣にはロッカーやベビーコーナー、水遊び用パンツも売っているので、何かあっても安心です。

ただし、水遊びパンツを売っているショップは16時には閉店するので、そこは気を付けて下さい。

足を付けて歩くくらいなら、天使の水場以外の他のプールでも大丈夫です。

オムツの外れた子供なら、ワイワイオハナや流れるアクアリウムプール、大プールなどでも遊べます。

2歳のおむつ外れをしていない娘は天使の水場で、5歳の方はワイワイオハナ、アクアリウムプールや大プールで遊びました。

しかし、子供一人につき大人一人は付き添わなければ危ない為、しょっちゅう別行動になってしまいました。

おむつ外れさえすれば一緒に別のプールに行けるので、大人一人でも子供二人を見られるかもしれません。

食事について

館内にはフードやスイーツなどのショップが17種類もあるので、目移りしてしまいました。

しかし、気をつけなければいけないのは営業時間です。

ショップによって、営業時間が違います。

何を食べようか迷っているうちに、クレープ&スイーツショップの「ココレカ」が目の前で閉まってしまいました。

また、同じく土日祝の閉店時間が17時のデザートパラダイス「パオ」も閉まりかけていましたが、慌てて店員さんに声を掛けたら、なんとレジを開けてくれました。

気になっていたカラフルミニマカロンが買えてよかったです。
ハワイアンズのデザートショップ「パオ」に売っているマカロン

ハワイアンズではあまり時計を確認しないので、閉店時間が迫っていても分かりません。

ちなみに、クレープショップ「ココレカ」は土日祝は11:00~17:00で終了ですが、「パオ」は17時に一旦閉まって、19:30にまた再開します。

平日と休日で営業時間が違ったり、一旦閉まって再開するショップもありますので、入場したらガイドマップをよく読んでおいた方がいいと思います。

食事は、ハワイアンフード「ラウラウ」のロコモコと、石窯ピッツァ「マルゲリータ」のピザを頼みました。
ハワイアンズのラウラウにあるロコモコ
ハワイアンズにあるマルゲリータのピザ
ロコモコにはキッズセットがあったので、それを頼みました。

どちらもプールサイドにあるので、身体を拭いて水着のまま食べました。

一見するとテーブル席は少ないように見えましたが、UFOキャッチャーやガシャポンなどのあるエリアの奥に、飲食休憩所がありましたので、そこで食べました。

ショーについて

15:45~16:15にビーチシアターで行われる、「一緒に南国タイム」を観覧しました。

これは参加型のショーなので、子供やその保護者などがステージに上がって、フラダンスの練習をしたり、バトンや楽器の体験をしていました。

残念ながら二階席に座ってしまい、本人もやりたがらなかったため、うちの娘はやりませんでした。

しかし、せっかくなら参加した方がいいと思います。

私が見た時は、小学生くらいの子が15人くらい参加していました。

参加するなら、1階にいた方がいいです。

また、席全体で見ると、有料の予約席は3割、自由席は5割ほど埋まっていました。

「一緒に南国タイム」はわざわざ予約しなくても大丈夫なのかもしれません。

しかし、夜20時から行われるステージショーの予約席はほぼ完売、自由席もかなり埋まっていました。

その時点では、プールで遊んでいる人はほとんどおらず、みんなショーを見に行っているという感じでした。

20時のショーは子供が飽きてしまい、少し見ただけなのですが、炎を使ったダンスの迫力がすごかったです。
ハワイアンズのファイヤーダンスショー

ロッカーの違い

ロッカーはいたるところにあります。

館内に入ってプールに行くまでの階段にもあるし、更衣室にもあるし、プールサイドにもあります。

ロッカーは、300円・400円のものが一日使い放題で鍵による開け閉め自由、返却時に100円戻るものと、

100円・200円のものが一回開けたら再度硬貨が必要なタイプになります。

300円・400円のものはサイズが大きく、100円・200円のものは小さくなります。

我が家はハワイアンズが初めてで、どこまでプールサイドに持って行った方がいいのかよく分からなかった為、階段にある400円のタイプのロッカーを利用しました。

あとから、使わないものや使うものが分かった時に、ロッカーに行って何度も出し入れしました。

慣れてきて、いつどんな時に何を使うかが分かったら、プールサイドの100円ロッカーを活用できるかもしれません。

水着について

5歳児は幼稚園で使っている水着、2歳児はオムツ替えできやすいよう、水遊びパンツにビキニ、それとラッシュガードを着せていました。

保護者である私たちは、水着にラッシュガードです。

本来は日差しから肌を守るために着るものですが、室内でもラッシュガードを着ている方が結構いました。

なるべく肌を見せたくないのかもしれませんね。

もし忘れても、「サーファーズパラダイズ」などのショップに売っています。

>メール便送料無料 防水スマホケース タトゥーシール付き 水着用 ラッシュガード

価格:1,980円
(2017/3/2 11:09時点)

まとめ

大きい施設なので、初めてで遊びつくすのは難しいかもしれません。

ディズニーランドのように、攻略するまでに少しかかるのかも。

でも、子供たちも満足したし、それこそが「また来たい」と思わせる理由なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする