仕事をするなら、幼稚園と保育園どっちがいい?仕事が休みになった時などの違いは?

WerbeFabrik / Pixabay

WerbeFabrik / Pixabay

最近は幼稚園でも仕事をするお母さんが増えましたね。

幼稚園でも延長保育などを気軽に使えるようになったので、仕事が探しやすくなったようです。

では、保育園と幼稚園では、昼間仕事をする上でどちらがいいのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもの幼稚園と保育園の違いとは?

幼稚園は文部科学省の管轄で、「幼児教育」の為、集団生活に慣れたり読み書きを習ったりする場所です。

保育園は厚生労働省の管轄で、「保育に欠ける子供」を「保育」するのが目的の場所です。

子供たちが園で過ごす生活のスケジュールや季節の行事などには大きな違いはありませんが、根本的な部分が違っています。

また年齢にしても、幼稚園は、基本的には3歳になった春から小学校入学前までの子どもが入る所です。

保育園は、各施設によりますが0歳児から受け入れ可能です。

保育時間の違い

幼稚園は基本的には9:00~14:30の5時間半。

保育園は各家庭の状況によりそれぞれ違いがありますが、預かり時間は6時間~8時間。

朝は7時30分から夕方の18時くらいまでだったりと、地域や親の勤務時間によって、設定される時間はバラバラです。

これだけ見ると、14:30で終わってしまう幼稚園の方だと仕事を探すのが困難だと思われますが、延長保育を使えば17時(18時)まで預かってもらえるので、パートくらいならできます。

延長保育を使う日は、事前に申し込みをしておきましょう。

また、幼稚園によっては、延長保育を使うと「追加料金」が発生する場合があります。

長期休みの保育について

幼稚園は夏休みは一ヶ月、冬休みも2~3週間あります。

仕事をしている場合は、事前に申し込めば長期休み中も預かってもらえるところもありますから、無理に仕事を休む必要はありません。

ただし、希望者のみになるので給食ではなくお弁当を毎日持たせる必要があるなど、ちょっと面倒になるところも。

保育園は夏休み等の長期休みは基本的にありません。

お盆や年末年始などは何日か休むところもあるようです。

給食?お弁当?

仕事をするうえで、毎日朝早く起きて作るお弁当は大変です。

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はお弁当のところも少なくありません。

週に一回、週に2~3回、毎日お弁当と、幼稚園によって違いますので、もし仕事をしたいと考えている方はなるべく給食で済ませられるところを選ぶのがいいですね。

仕事以外はしちゃいけないの?

保育園は「保育に欠ける子供を親に代わって保育する」のが目的ですので、仕事が休みの日は平日であろうと、保育園を休ませる必要があります。

また、お迎えに行く際も、仕事が終わって買い物など寄って来てはならず、まっすぐ子供を迎えに行かなければいけません。

地域によっては買い物が黙認されていたり、そこまでキッチリはしていませんが、基本はそうなっています。

幼稚園の場合は、仕事をしていようがしてなかろうが、子供が保育中何を行っていても構いません。

昼寝しても買い物しても、映画を見ても美容室に行っても何をしていても大丈夫です。

仕事が急に休みになっても、子供を休ませる必要はありません。

仕事をする上での、幼稚園と保育園の大きな違いはここかもしれませんね。

お昼寝の有無

保育園ではお昼寝はありますが、幼稚園では基本的にお昼寝がありません。

これは、預けられる年齢の違いもありますが、保育時間が長いと子どもの身体もつらいので、覚えておきたい項目のひとつです。

幼稚園によっては2歳児教室、満三歳児教室など、本来年少さんとして預けられる年齢より早く預けることができるところもあります。

3歳を超えるとだんだんお昼寝は必要なくなりますが、年少さん通い始めくらいの年だと、まだウトウトしてしまう時があります。

2歳~3歳くらいで、幼稚園に預けて仕事をしようと思った場合、お昼寝なしで長時間保育は子供の身体には負担です。

うっかり寝てしまったら、教室の隅などに寝かせておいてはくれますが、寝てしまう時間はバラバラで起きる時間も決まっていないので、生活リズムがめちゃくちゃになってしまいます。

そう考えると、小さいうちに預けて働きに行く場合は、お昼寝タイムがちゃんとある保育園の方がいいですね。

メリット、デメリットまとめ

働く際の、それぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

<保育園のメリット>
・保育時間が6~8時間と長い。
・長期休みがない。
・給食だからお弁当を作らなくていい。
・お昼寝タイムがある。

<保育園のデメリット>
・仕事帰りはどこにも寄らずにまっすぐ迎えに行かなきゃいけない。
・仕事が休みになったら保育園を休ませなきゃいけない。

<幼稚園のメリット>
・延長保育を使えば、長く預かってもらえる。
・仕事帰りにどこかに寄ってから迎えに行っても大丈夫。
・仕事が休みになっても、幼稚園を休ませる必要はない。

<幼稚園のデメリット>
・延長保育に追加料金がかかることも。
・お弁当の日も少なくない。
・長期休みの時は事前に申請するのが面倒。
・お昼寝がないので、2~3歳の子を長く預けると体に負担がかかる。

時間や給食関係は調整できるので、
「仕事帰りにどこかに寄ってもいいか」
「仕事が休みになったらどうするか」
の二つが、大きな違いかなと感じました。

勤務時間帯や仕事の性質によっては、保育園ではなくて幼稚園の方が気が楽かもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする