つわりとは何?いつからいつまで続くの?どんな種類があるの?

TawnyNina / Pixabay

TawnyNina / Pixabay

妊娠をすると、身体にはさまざまな変化があります。

眠くて眠くて仕方がなくなったり、様々な匂いに敏感になったり、今まで食べられていたものが食べられなくなったり…

それらは、「つわり」と呼ばれる、妊娠中の独特の症状です。

なぜそれらが起こるのか、明確な原因ははっきりとしていません。

しかし、およそ8割の妊婦が経験する、いわば妊婦の登竜門みたいなものです。

「家事や仕事が出来なくて苦しい…」と思う方もいるかもしれませんが、つわりはある程度の期間を過ぎれば治まる場合がほとんどなので、「苦しいのは今だけ!」と思い頑張って乗り切りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つわりにはどんな種類があるの?

つわりのイメージとして一番有名なのは、ドラマなんかでよく見る、「うっ」と急に口を押えて、洗面所で吐いてるシーンではないでしょうか。

急に吐き気が襲ってくる、吐きつわりですね。

実際に吐きつわりになる方が一番多いとも言われていますが、それ以外にもたくさんの種類のつわりがありますので、ひとつひとつ簡単に説明していきます。

・吐きつわり
食後、またはなんでもない時に吐き気を催す。
対処法としては、あらかじめゼリーなど吐きやすいものを食べておいたり、エチケット袋などすぐに吐けるものを用意しておく。
栄養のバランスは考えず、食べられるものだけ食べる。
水分をとらないと脱水症状に陥る為、あまりにも飲食出来なかった場合は病院で点滴を受ける。

・匂いつわり
食べ物、洗剤、タバコ、シャンプーなど、色々な匂いに敏感になり、気持ち悪くなってしまう。
その気持ち悪さから嘔吐してしまう場合は、吐きつわりになる。
対処法としては、食べ物は匂いが出ないよう、冷まして食べる。
また、マスクをし、匂いのある場所には極力近づかない。

・眠りつわり
眠くて眠くて仕方がなくなり、起きられなくなる。
無理して起きてもぼーっとしてしまい危険なので、料理や車の運転などはなるべくせずに、出来るだけ横になって眠っていた方がいい。

・食べつわり
空腹でいると気持ち悪くなるため、常に食べてしまうつわり。
しかし、食べすぎると体重が増えすぎて医者に怒られるばかりか、産道がきつくなり出産が困難になるので、食べるものには注意が必要。
なるべく低カロリーなものを食べ、つわりが落ち着いたら必要のない食事はやめましょう。

・よだれつわり
何故か口の中からよだれが次々と生産され、気持ち悪くなるつわり。
よだれなんて飲み込めばいい、と思うだろうが、飲み込めない。
出さないと気持ち悪いので、丸めたティッシュを用意して吸い取るか、または色のついた容器などを用意し、そこに入れて溜めてから捨てるなどの方法がある。

その他、今まで好きだったものが食べられなくなったり、嫌いだったものが食べられるようになったり、イライラや不安など感情の揺れ幅が大きくなったり、胸のむかつき、下痢や便秘など、つわりとは別の症状もあります。

妊娠中はホルモンバランスの崩れから、身体の症状だけではなく、心もうまくコントロールできない時がありますが、それも「今は妊娠中だからこうなんだ」と自覚して行動していけたら不安も軽減されると思います。

つわりはいつ始まっていつ終わるの?

個人差がありますが、妊娠4週~7週の間に始まる方が多いようです。
終わるのが一番多いのは、安定期である16~19週(五カ月)で、徐々に症状がなくなっていったようでした。

しかし、人によっては出産するまでつわりが続く方もいますので、必ずしも安定期につわりがなくなるわけではないようです。

つわりについてのまとめ

つわりは個人差があります。

吐きつわりがひどく、点滴をしなければいけない人もいれば、ほとんど症状が出ない方もいます。

「つわりがあるのは赤ちゃんが元気な証拠」という言葉を支えに頑張って耐える一方、つわりが全くなくて逆に不安に陥ってしまう人もいます。

前述したように、つわりの原因はよく分かっていません。

1人ひとつの症状ではなく、吐きつわりとよだれつわりの二種類を同時に経験している方だっています。

「なるもんはなるんだから仕方ない」と、悩んだりせずに、つわりは受け入れて終わるのを待ちましょう。

管理人のつわり体験談

1人目を妊娠した時は、ひどい吐きつわりでした。

妊娠発覚直後の4週目からいきなり動けないほどの気持ち悪さと吐き気を催し、駅構内で動けなくなってしまいました。

親切な方々に助けられ、安定期過ぎてつわりが落ち着くまで実家で過ごしました。

何を食べても吐くので、もう何も食べたくない!苦しい!と泣きごとをしょっちゅう言っていました。

二人目の時は食べつわりとよだれつわりでした。

何かしら食べていないと気持ち悪いのですが、そのせいで体重が増えすぎて医者に怒られました。

やはり安定期を過ぎたらつわりが落ち着いたので、食事を野菜スープにして体重を管理しました。

よだれつわりは、一時的にしかなかったのですが、どんどん口の中によだれが溜まっていって、飲み込むこともできず気持ち悪かったです。

ティッシュによだれを吸い取って、ビニール袋に溜めてそのまま捨てました。

1人目と2人目のつわりの種類が違っていて、同じ人間でも同じ妊娠はないのだなと思いました。

つわりは苦しかったけど、考えていても仕方なのでサクッと受け入れて付き合っていった方が楽になると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする